漫画

【2019年】井上雄彦先生の車椅子バスケ漫画「リアル」再開だってばよ!

井上雄彦先生の車椅子バスケ漫画「リアル」が連載再開したみたいです。

 

>>>車いすバスケ漫画『リアル』、ヤンジャンで4年半ぶり連載再開 障害に向き合った人間ドラマ

 

この漫画って僕が中3か高1くらいの時に始まったんだけど、いつのまにか主人公たち17〜19歳の年齢をはるかに通り越して僕はもう34歳ですからね!(末恐ろしい!)

 

不定期連載でだいたい1年に1回のペースで新巻が発売されていたと思うけど、前回から4年半ぶりの連載再開ですか…

 

主人公的ポジションのキャラクターに戸川清春、野宮朋美(男性)、高橋久信がいるけど、やっぱり1番の主人公は野宮かな?

 

 

野宮は井上漫画にしては珍しく人生にくすぶっているような人物。だがしかしバスケに対する情熱は本物で覚悟を決めたらその努力は半端ない!プロバスケチームのトライアウトを受けるところなんかはスラムダンクを思い出させるほど面白い!やっぱり井上先生はバスケが好きなんだな〜って思いました。

 

少し生意気な車椅子バスケチームのエース戸川は幼馴染の安積との関係もいいよね。

そして筋ジストロフィーを患っているヤマとの関係も…

 

 

高飛車な久信くんはあまり良い印象はなかったけど、リハビリ施設で出会った花咲満(←今までの人生で絶対に出会うことのないような人物)やプロレスラーのスコーピオン白鳥との出会いによって変化していく様は応援したくなりますよね。てかこのトリオの関係が良いですね!

 

 

 

で、連載はどこまで進んでたんだっけ?

う〜ん実家に置いてある単行本を読みに帰りたいです。。

 

というわけでリアルは現在14巻まで発売されているはずなので読んだことがない方はこの機会に読んでみて下さい!